遺言書どう書く…

  • 遺言書の書き方1

 

遺言書の書き方1

遺言書を書く際には、正しく伝えることができるように注意をしなければいけません。自分の感覚のままに書いた遺言書では、法律上で認められない場合があります。

そうなってしまうと、せっかく書いたにもかかわらず意味のないものになってしまい、それがもとで遺産相続についてトラブルを起こしてしまうことにもなってしまいます。

十分に注意する必要があります。それではどのような書き方をすればよいか、ご紹介していきます。まずはとても基本的なことですが、この文書が遺言書であることをしっかりと示すことです。

一般的なのは、一番上に「遺言書」と書いておくことです。そうしないと遺言書であることが認められない可能性があります。また、財産について書くときには、自分の感覚で書くのではなく、しっかりと誰が見ても理解できるように名称を書くことです。

たとえば土地であれば、しっかりと住所を入れたり、預金であれば銀行名や支店名、口座番号まで記入するようにしてください。また文章を書く際には、2通りの意味にとらえることのできる場合ができたり、意味の通じない場合もあります。

こういったことを防ぐために、なるべく短文で箇条書きにて書くようにしてください。また遺言書はあくまでも遺産相続の分配が目的です。そのため、遺書のような内容を遺言に含ませてはいけません。

自分の気持ちを伝えたいのはよくわかりますが、それは新たに別の紙を使うようにしましょう。